葬儀はいろいろなプランが登場|現代人に見合ったサービス

服装のマナーが重要

ブラックフォーマルが基本

葬儀会場

人口数の多い大東市では、毎日のように葬儀が執り行われています。
大東市内に住んでいる、または大東市周辺で仕事をしている方は、葬儀に参列する可能性もあるでしょう。
大東市で葬儀に参列する際、必ず押さえておきたいマナーがあります。
学生時代にしか葬儀に参列した事が無いという方にとって、服装マナーは押さえておきたいポイントです。
学生時は制服を着用しての参列が基本ですが、社会人になった場合は服装のマナーを守る必要があります。
葬儀に参列する際、着用するのはブラックフォーマルが基本です。
黒い服であればどんなデザインでも良いという訳ではなく、喪服用として作られたブラックフォーマルを選ぶようにしましょう。
ブラックフォーマルは葬儀の場にふさわしいよう、光沢感の無い生地や、良質な生地が使われています。
ただ単に黒いスーツやワンピースの場合、光沢感があり葬儀の場で着用するのはマナー違反となるケースが多いので注意が必要です。
お葬式は急に参列しなければいけないケースがほとんどですので、事前にブラックフォーマルは購入しておきましょう。
女性の場合、アクセサリーを身に着けるのは基本NGです。
ただし、結婚指輪とパールのアクセサリーは、身に着けていてもマナー違反にはなりません。
パールのネックレスは2連のものだと、葬儀でふさわしくない「重なる」という意味があるので1連のものを選びます。
最近、ダイヤモンドが装飾されている結婚指輪も多いですが、あまりに目立ちすぎてしまうという場合は、外した方が無難でしょう。

女性が気を付けたいマナー

棺

大東市に住んでいる、また大東市内で働いているという女性も、多いのではないでしょうか。
大東市は大阪府の北河内地域に位置する市です。
隣接する自治体には大阪市や、寝屋川市などが挙げられる大東市には、葬儀場やセレモニーホールが充実しています。
駐車場を完備した葬儀場・セレモニーホールも多いので大東市だけでなく、近隣の自治体からも大東市で葬儀を執り行うケースも多いようです。
葬儀に参列するという場合、基本的なマナーを知っておく必要があります。
マナーを知っておかないと、恥をかいてしまうかもしれません。
女性の場合、服装だけでなくヘアメイクのマナーも、知っておくともしもの時も安心です。
メイクは基本、ナチュラルメイクを行います。
ベースメイク・眉・リップメイクのみを行いましょう。
今、赤リップなど派手なリップカラーが流行していますが、葬儀の場にするリップメイクとしてはふさわしくありません。
リップメイクはベージュカラーなど、シンプルなカラーを選びます。
パールやラメが入っているものではなく、マットな質感の口紅を選ぶのもコツです。
ショートやミディアムヘアという方は、そのままのヘアスタイルで参列してもマナー違反とはなりません。
ただし、ロングヘアの方はヘアスタイルにも注意しましょう。
黒髪のロングケアは、後ろで1本に束ねるだけでも大丈夫です。
ただ、カラーリングしている・パーマをかけているロングヘアの場合、1品に束ねるだけではマナー違反となります。
うなじ部分でまとめ髪を行い、カラーやパーマが目立たないようにしましょう。

アクセサリーの注意点

式場

大東市をはじめとする大阪エリアでは、葬儀といえば一般葬が主流です。
一般葬はいわゆる「お葬式」の定番スタイルで、お通夜から告別式・出棺という流れで執り行われます。
大東市には一般葬を執り行える多くの葬儀場・セレモニーホールがあるので、大東市内の施設で、葬儀に参列するケースもあるでしょう。
大東市で執り行われる葬儀に参列する場合、女性はアクセサリーのマナーを確認しておく事がおすすめです。
服装のマナー違反は目立ってしまうので、場合によってはご遺族や周囲の方に不快な思いをさせてしまうかもしれません。
ですので、マナーはしっかり確認しておく事が大切なのです。
女性の場合、男性とは違いアクセサリーを身につけるケースが多いですが、葬儀の場ではどのようなアクセサリーを選ぶのがマナー違反とならないのでしょうか。
アクセサリーは結婚指輪を除いて1点のみ、身につけるのが基本です。
例えば、ネックレスを選んだ場合、イヤリングやピアスを身につけるのは避けます。
不幸が重ならないようにという意味を込めて、ネックレスは一連のものを、イヤリング・ピアスは一粒のものを選びます。
葬儀の場で身につけるアクセサリーは、パールが一般的です。
パールは涙を連想させる事から、葬儀の場に身につけるアクセサリーに適しています。
パール以外ではブラックオニキスや、黒珊瑚のアクセサリーも身につける事が可能です。
派手さが出るのを避ける為に、デザインはシンプルなものを選びましょう。