葬儀はいろいろなプランが登場|現代人に見合ったサービス

多様化するスタイル

自由な葬儀を実現できる

線香

大東市は立地の良い場所に、多くの葬儀場が建てられています。
広い駐車場を持つ葬儀場・セレモニーホールが多いという事もあり、大東市だけでなく大東市周辺の街からも、多くの利用者がいるようです。
葬儀場の多い大東市では、葬儀のスタイルも多様化しています。
葬儀のスタイルは一般葬が今までの主流でした。
一般葬は家族・親族だけでなく、ご近所の方・会社関係の方・友人・知人など、故人と親交があった方が、幅広く弔問に行うスタイルの葬儀です。
今でも一般葬は多いですが、家族構成やライフスタイルが多様化している現在、葬儀スタイルも多様化しています。
今、増えているスタイルが「家族葬」です。
家族葬は故人の家族・ごく身近な親族のみで執り行うお葬式の事を言います。
家族葬の他には、「一日葬」や「火葬式」といったスタイルも、年々増え続けているようです。
一日葬は通夜・告別式を行う一般葬とは違い、葬儀と火葬のみを執り行うスタイルとなっています。
1日で全ての儀式を行うのが、一日葬の特徴です。
火葬式は通夜や告別式を行なわず、火葬のみを行います。
さらに「お葬式に自分らしさを盛り込みたい」という方が増えた事で、自由葬も人気です。
自由葬は文字通り、自由なスタイルでお葬式を執り行えるのが特徴です。
好みの音楽で構成する音楽葬など、趣味に特化した葬儀を行える点が自由葬の魅力となっています。
このように、お葬式といっても種類は様々です。
自分らしい葬儀にする為にも、どのスタイルを選ぶか決めておくのも良いでしょう。

弔電を打つ

蝋燭

お世話になった人や親しくおつき合いしていた人の葬儀には、何が何でも出席したいと思うのは当然ですが、場合によってはどうしても駆けつけることができないこともあるでしょう。
病気や海外出張など、やむを得ない事情がある場合、大東市の葬儀に行けなかったからといって非難を浴びることはありませんが、相手に失礼にならないように弔意を示しつつお断りの返事をすることが大切です。
参列できない理由を遺族に伝える際には、長々と理由を述べるよりも、やむを得ず都合がつきませんといった風に、簡潔な言葉で伝える方がいいです。
大東市の葬儀に参列できなくても弔意を伝えたい場合は、弔電を打ちお悔やみの気持ちを表します。
弔電は喪主宛てにするのがマナーですが、喪主が誰かわからない場合は故人の名前に続けて「御遺族様」とするか、遺族の中の知人宛てにします。
適切な電文が思い浮かばない時は、文例があるのでその中から選ぶといいでしょう。
オリジナルの電文を追加すると、よりお悔やみの心がこもります。
宗教によっては使ってはいけない言葉や忌み言葉などには注意しながら電文を考えましょう。
弔電は大東市の通夜や葬儀に間に合うように、開始時間の1時間ほど前までには着くように手続きしましょう。
申し込みはNTT・郵便局・インターネットの弔電サービスで受け付けており、午後7時までに手配すると大東市は勿論全国どこでもその日のうちに配達されます。
また、香典を贈る場合は、他の参列者に預けたり、現金書留を利用して贈る方法があります。

マナー違反を避けよう

手

大東市には多くのセレモニーホールや葬儀場がある事から、大東市に住んでいる方や大東市周辺に住んでいる方にとって、葬儀は身近な存在となっているようです。
急な不幸に対してもすぐに対応できるよう、葬儀のマナーを知っておくと安心出来ます。
葬儀には様々なマナーが存在していますが、多くの方の目に触れる身なりは特にマナーを守る事が必要です。
服装はブラックフォーマルが基本という事は、多くの方がご存じのマナーでしょう。
ですが、意外とチェックしていないのが、バッグのマナーです。
何となく黒いバッグを持って行けば良いのではと、思ってしまいがちですが、ただ単に黒いバッグを身につけるのはマナー違反となります。
葬儀で持つバッグのカラーは、黒が絶対条件です。
黒っぽい紺やグレーといったカラーのバッグもありますが、黒に近い色のバッグでも葬儀の場では浮いてしまうので避けましょう。
素材は布製を選ぶのが、マナーとなっています。
殺生を連想させるという事から、革製のバッグはタブーとされています。
もちろん、革製だけでなく毛皮がついているバッグも、葬儀の場で持つのはマナー違反です。
また、エナメルなど光沢感のあるバッグも、ふさわしくないので注意しましょう。
バッグに金具がついているデザインも、マナー違反となるので避けます。
リボンなど大きなモチーフがデザインされているバッグも、黒や布製のものであっても目立つ存在となるので葬儀の場で持つのはNGです。
大東市で執り行われる葬儀に参列する際は、バッグなど細かい部分のマナーも事前に確認しておきましょう。